分譲賃貸マンションの種類について

分譲賃貸マンション

分譲賃貸マンションの種類について

分譲賃貸マンションについて

一口に分譲賃貸マンションと言っても、大きく2種類に分けることができます。
1つは、分譲マンションとして売り出されたものの、最後まで買い手がつかなかった部屋やキャンセルになってしまった部屋が賃貸に出されているケースです。
このタイプの部屋の場合は、未入居の新築物件を借りられる可能性が高いです。
ハイグレードな分譲マンションに家賃の支払いだけで居住することができるようになりますので、賃貸市場の中では人気物件の一つになっています。
もう1つは、分譲マンションの所有者が、転勤などの理由で部屋に住み続けられなくなり、一時的に賃貸に出されているというケースです。
こちらの場合は、いずれ戻ってくることが前提になっていますので、契約期間が3~5年程度に限定されているケースが多いです。

none

関連情報

根強い人気の分譲賃貸マンション

分譲賃貸マンションとは、分譲用に作られたマンションで、何らかの事情で購入したオーナーがそれを賃貸に出

分譲賃貸マンションを探す方法

分譲マンションと賃貸マンションを見分ける方法は、エントランスや駐車場の入り口などに、管理組合名の看板

狙い目の分譲賃貸マンションについて

分譲賃貸マンションの中には、普通の分譲マンションの売れ残り物件が賃貸に出されているケースだけでなく、

情報一覧